ドコモのスマホ料金を安くしませんか?

スマホや携帯電話といえば、ドコモ・au・ソフトバンクのいずれかを利用している方が多いと思います。
中でもドコモは、この3つのキャリア別シェアの半数近くを占めているのでドコモが圧倒的なシェアを誇っていることがわかります。

 

そんな人気のドコモですが、実際に利用しているかたはもう少し料金が安くできたらと考えている方も多いようです。
確かに、毎月携帯料金だけで10,000円近く飛んでいくのはちょっと痛いですよね。

 

ただ、そのように考えている方の中には本当はもっと携帯料金を安くできるのに高い料金を支払っているという方も少なくありません。
そこで、今回はドコモの携帯料金を今よりも安くする方法をいくつかご紹介していきたいと思います。
ドコモユーザーの方はぜひこちらの記事をご覧ください!

 

料金プランの見直し

料金プランは契約時に決めてしまうと、そのあとなかなか見直しをしない方って多いんですよね。
毎月の料金を安くするには、まずは料金プランの見直しから始めるのが基本です。

ドコモの料金プラン

基本プラン

 

プラン 月額料金 内容
カケホーダイ 2,700円 国内通話が24時間無料
カケホーダイライト 1,700円 5分以内の通話が無料
シンプルプラン 980円

家族内通話無料
※シェアパック専用プラン

データプラン 1,700円 データ通信のみ

一人でドコモ携帯やスマホを利用するのなら、カケホーダイライトがおすすめです。
カケホーダイは国内通話が24時間無料になりますが、今ってそんなに通話しなくないですか?
どうしても通話が多くなる方はカケホーダイの方がお得ですが、そうではない方はカケホーダイライトにして、基本的に通話は5分以内に抑えればいいと思います。
友達や家族と長電話になる場合は、LINEとかSkypeを使えば通話料なんてかかりませんからね。

 

シンプルプランはシェアパック専用なので、一人では利用できません。
また、データプランは完全に通話なしになってしまうので、それはさすがに不便ですからおすすめはしません。

パケットパック

プラン 月額料金 データ量
ウルトラデータLLパック 8,000円 30GB
ウルトラデータLパック 6,000円 20GB
データMパック 5,000円 5GB
データSパック 3,500円 2GB

パケットパックは2GBから30GBまでありますが、普通に使用しているだけなら20GBや30GBはまず必要ないですよね。
よって、選択肢は5GBか2GBになるわけですが、携帯料金の節約を考えるなら2GBです。
2GBの容量でどれくらい利用できるかをまとめてみました。

 

メール 約400万通
LINE

メッセージ:1,000万回
通話:111時間 ※1日平均3時間40分程度
ビデオ通話:6.5時間 ※1日平均13分

YouTube

低画質:11時間 ※1日平均22分
高画質:3時間 ※1日平均6分

 

このように、メールやLINEのメッセージのやり取りに関しては、特にデータ量を気にする必要がないですね。
また、LINEの通話も毎日3時間40分以上電話するということはなかなかないと思いますので、十分な量と言えるでしょう。
ただし、LINEのビデオ通話になるとかなりデータ量を使いますので気を付けた方がいいですね。

 

あと一番注意すべきなのはYouTubeです。
YouTubeの再生には動画の画質の変更ができますが、低画質で再生しても11時間しか再生できません。
高画質に至っては3時間で2GBに達してしまいます。

 

パケットパックを2GBにした場合には、LINEのビデオ通話やYouTubeの閲覧は控えておいた方が安全と言えますね。

 

無駄なオプションは外す

オプションって月額数百円ですが、複数加入しているとそこそこの金額になります。
しかもそれが毎月かかりますからね。
また、オプションって契約時につけてはみたものの、実際には全く利用していないものがあったり、キャンペーン的なものの適用条件ではじめだけつけておいて、あとで外すつもりがずっとそのままになってた…なんてことがよくあります。
そういった無駄なオプションを外すためにも、一度オプションのチェックは行った方がいいです。

 

契約内容やオプションのチェックは、スマホからもできますがよくわからないという方は、ドコモショップへ行って確認してもらい、その場で不要なものを外すとよいでしょう。

通話はLINE

今はLINEがとっても便利になっていますので、基本的に通話はLINEで済ませるようにすれば、通話料の心配はいりません。
お店などへ連絡する場合はLINE通話は使えませんが、それ以外の連絡についてはできるだけLINE通話を利用するようにしましょう。

動画やアプリDLはWi-Fi必須

YouTubeをはじめとした動画閲覧は最もデータ量を使用しますので、普段は利用しないことをお勧めします。
また、アプリのダウンロードも実は結構なデータ量を使ってしまいます。
ですから、これらの作業を行う場合にはWi-Fi接続を必須と考えておいた方がよいでしょう。
Wi-Fiにさえ接続していれば、スマホのデータ量を使わずに済むので安心です。
自宅や会社にWi-Fiがあればいいんですが、ない場合はフリーのWi-Fiスポットを利用してもいいですね。

シェアパックにする

ドコモのパケットプランには「シェアパック」というものがあります。
通常は2GBや5GBのように決まった契約プランの中でデータ量をやりくりしますが、シェアパックの場合は家族でパケット量をシェアするプランです。
例えば5人家族で50GBのシェアパックにしていた場合、1人が20GB使ってしまったとしても、残りの4人が合計30GB以内に収まればそれでオッケーなんですね。

 

5GBのプランにしているけど毎月データ量を持て余してしまうお母さん、でも自分は5GBじゃ足りなくていつも通信速度制限にかかってしまっている…
そんな家族の場合、シェアパックにしていればあまり使わない人の分のデータ量をたくさん使う人が利用できるというのがシェアパックのメリットです。
ただ、シェアパックのメリットはそれだけではなくて、料金面でも安くなるんです。

 

■シェアパックじゃない場合

 

父→5GBプラン
母→5GBプラン
私→5GBプラン

 

上記だとすると、データMパック(5,000円)×3=15,000円になります。

 

■シェアパックの場合

 

シェアパック15(15GB)は12,500円なので、3人で割ると単純計算で約4166円になります。

 

このように、同じデータ量であってもシェアパックにした方が支払う料金が安くなるんですね。

光回線はドコモ光

自宅にインターネット回線を引いている場合、またはこれから引くことを検討している場合は、ドコモ光にするというのがおすすめです。
なぜかというと、ドコモ光ではドコモスマホとセットで利用することで、スマホ料金に毎月割引が入るからです。
また、回線料金もフレッツ光と比べると安くなります。

 

回線月額料金 プロバイダー料金 合計月額料金
ドコモ光【戸建て】 5,200円 0円 5,200円
ドコモ光【マンション】 4,000円 0円 4,000円
フレッツ光【戸建て】 4,900円 900円 5,800円
フレッツ光【マンション】 3,150円 900円 4,050円

※ドコモ光、フレッツ光ともに2年契約時の料金です。
※プロバイダーはSo-netの料金で算出しています。

 

フレッツ光はプロバイダー契約が別になり、料金も別に発生します。
しかし、ドコモ光はプロバイダー料金込みなので契約もシンプルで料金も安く抑えられます。

スマホ料金の割引

ドコモのスマホとドコモ光を一緒に契約していると、毎月適用されるスマホ料金の割引。
これは、フレッツ光などを利用していると適用されないので、ドコモスマホユーザーの方はドコモ光にするだけで単純に安くなります。

 

■一人で利用した場合の割引

パケットパック 割引金額
ウルトラデータLLパック -1,100円/月
ウルトラデータLパック -900円/月
データMパック(標準) -800円/月
データSパック(小容量) -500円/月
ケータイパック -500円/月

 

■シェアパックを利用した場合の割引

パケットパック 割引金額
ウルトラデータシェアパック100 -3,200円/月
ウルトラデータシェアパック50 -2,500円/月
ウルトラデータシェアパック30 -2,000円/月
シェアパック15(標準) -1,800円/月
シェアパック10(小容量) -1,200円/月
シェアパック5(小容量) -800円/月

 



 

 

格安SIMを使う

格安SIMってきいたことありますよね?
ドコモやau、ソフトバンクよりも安い料金プランでデータ通信や通話ができるサービスのことを格安SIMと言います。
もし、すでにドコモで利用しているスマホ端末の分割支払いなどが終わっている場合は、思い切ってドコモから格安SIMにしてしまうという方法もあります。

どうやって使うの?

格安SIMの使い方は、格安SIMを手に入れたらスマホ本体のSIMカードを差し替えるだけです。

料金

では、格安SIMの料金とドコモの料金を比較してみましょう。

 

■LIBMO

データ量 月額料金 1GBあたりの月額料金
3GB 1,580円 526円
6GB 2,180円 363円
10GB 2,980円 298円

LIBMOはTOKAIグループのサービスで、回線はdocomo回線を使用しています。
当月中に使いきれなかったデータ量は翌月に繰り越すことが可能です。

 



 

 

■mineo

データ量 月額料金 1GBあたりの月額料金
500MB 1,400円 -
1GB 1,500円 -
3GB 1,600円 533円
6GB 2,280円 380円
10GB 3,220円 322円
20GB 4,680円 234円
30GB 6,600円 220円

mineoにはドコモプラントauプランがあります。
基本プラン以外にも5分以内の国内通話かけ放題が850円など、オプションも充実しています。

 

undefined

 

 

格安SIMのデメリット

格安SIMは料金が安いことが何よりのメリットですが、デメリットとして考えられることがいくつかあります。

キャリアメールが使えない

格安SIMにするとドコモメールは使用できなくなります。
と言っても、わざわざドコモメールを使わなくてもGmailとかを使えば十分、というかGmailの方が使いやすいですね。

LINEのID検索ができない

LINEのID検索を利用するには、キャリアごとでの年齢認証が必要となります。
よって、格安SIMにするとLINEのID検索はできません。

サポートにあまり頼れない

ドコモを利用していた時は、なにかあればドコモショップで解決してもらえました。
しかし、格安SIMにすると店頭窓口ではなく電話やネットで問い合わせや連絡を行わなくてはいけません。
これが便利と感じるか不便と感じるかは人によりますね。

あれこれ設定が必要

ドコモなら、契約時も機種変更時も手続き的なものは全部ショップの方がやってくれました。
しかし、格安SIMは自宅に届いたSIMカードを自分で入れ替えて設定を行わなくてはいけません。
こういう機械系に弱い方はちょっとハードルが高いかもしれませんね。

まとめ

ドコモの毎月の料金を安くするためのポイントは

 

・料金を見直してみる
・家族でドコモを使ってるならシェアパックを使う
・LINE通話などを使って通話プランを安くする
・自宅のネット回線はドコモ光にしてスマホ割引を適用

 

主にこの4点になります。
ドコモは長年使っているとずっとドコモ割など長期契約ユーザー向けの割引が適用されますので、他のキャリアに乗り換えるのがもったいなくなりますよね。
そういう場合は、上記のようなポイントで料金を抑えて使ってみてはいかがでしょうか。